IoTプラットフォーム サブロウ

Sublowリブーター
予約受付を開始

2020年5月11日(月)より、遠隔から各種機器の電源制御ができる「Sublowリブーター」の予約受付を開始します。
Sublowリブーターは、IoTプラットフォームサービス「Sublow」のソリューションのひとつです。

IoTサービスSublowリブーターの紹介図

Sublowリブーター:
サービスの概要

『Sublowリブーター』は、SIMを活用することで機器自体にインターネット接続がなくても遠隔からの電源制御を可能にしたサービスです。

AC100Vが必要な電源制御(ON/OFF)を遠隔から操作することで、適切な機器運用や、フリーズの自動解消を行うことができます。
機器の保守・節電・通信トラブルの解決・セキュリティ対策など、幅広いニーズに対応できるサービスです。

(※)2020年5月現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け不要不急の外出自粛が求められています。
遠隔操作へのニーズがこれまで以上に高まっている社会的背景を受け、Sublowリブーターのサービスを必要とする方にとって導入しやすい「仕組み」「料金体系」となるよう精査し、リリースに至りました。

Sublowリブーター:
サービスの特徴

  • SIMを活用することで、インターネット接続が完備されていない環境の機器も、遠隔からの電源制御操作(ON/OFF)を可能にしました。
  • 月々一定額の支払いとすることで費用をランニングコストを明確にしました。

【Sublowリブーターが活用できる機器】
太陽光発電システム、ネットワークサーバー、工場の設備機器、ビニールハウスの空調設備、防犯カメラ
など

※Sublowリブーターがあれば、インターネットに接続されていない機器でも遠隔から機器メンテナンスや機器運用ができます。

※リブーターについて:
ブート(起動する)とリ(再び)を掛け合わせた表現であるリブート(再起動)をする装置。
リブーターは、フリーズした機器は再起動することで動き出すことが少なくない中で、機器を再起動するためだけに担当者が足を運ぶことが負担となっている現場や、遠隔地・立ち入りが難しい施設などの機器保守・機器運用をサポートします。

Sublowリブーターへのお問い合わせはこちらからどうぞ

その他のニュース