IoTプラットフォーム サブロウ

IoTプラットフォーム

遠隔地の施設・設備・センサーをクラウド上から制御・管理するIoTプラットフォーム
人間の力が、本当に必要な場所で生かせる世の中へ。

IoTサービス イメージ

SublowのIoTサービス

株式会社トリニティーがリリースする新サービスIoTプラットフォーム「サブロウ」は、
クラウドで管理されたIoTサービスです。
様々な設備を遠隔管理し、人件費や経費の削減に寄与します。
人材不足や業務効率のアップのお手伝いをさせていただく事により、お客様のビジネスにとってなくてはならないIoTサービスとして弊社をご利用ください。

IoTソリューション

メンテナンスが負荷になっている設備。
機能を生かし切れていない設備。
いざというとき作動しない、放置された設備。
社会には、根本的で大きな課題を抱えた設備がたくさんあります。
様々な設備をインタネットにつなぎ、どこからでも自由に確認・操作・制御ができる仕組をつくることが、多くのソリューションに結びついています。

IoTプラットフォーム(リモートメンテナンス)ロゴ

Sublowリモートメンテナンスは、防犯カメラ専用の死活監視サービスです。
防犯カメラを毎日点検することができます。

レコーダーやカメラの稼働状況をセンサーが確認し、その結果をSNSやメールで通知することができるため、防犯カメラが設置してある場所に足を運ばなくても遠隔(=リモート)から点検(=メンテナンス)ができる仕組みです。

詳しくはこちらから

IoTプラットフォーム(リブーター)ロゴ

Sublowリブーターは、遠隔から機器の電源操作(電源のON/OFF)ができるサービスです。
インターネットがつながっていない環境にある機器の電源も操作することが可能です。

例えば、電源をOFF→ON(再起動=リブート)することでフリーズした機器の自動解消を図ったり、
遠隔から電源制御することで機器の適切な運用をサポートできる仕組みです。

詳しくはこちらから

Sublowのソリューションcomingsoon

IoTプラットフォーム「SABLOW」からは、様々なセンサーや設備とつながる新しいサービスが誕生します。乞うご期待!

ニュース