IoTプラットフォーム サブロウ

IoTプラットフォーム
「Sublow」
サイトオープン

2020年3月2日、株式会社トリニティーはIoTプラットフォームサービス「Sublow」のサービスサイトをリリースしました。
様々な環境下でインターネットを使った遠隔での管理、操作を可能にします。

IoTプラットフォーム「Sublow」
開発の背景

防犯カメラシステムの製造・販売・メンテナンスを主な事業とする弊社ですが、お客様と直接お話をする中で、防犯カメラシステム以外のご相談をいただく機会も多くありました。
さまざまなお困りごとの中でも非常に多かったのが、遠隔設備の監視・操作です。

遠隔設備の
監視・操作ツール事例

  • 冷蔵庫温度上昇時の音声通報(食品メーカー様での事例)
  • サウナルーム温度上昇時のメール通報(カプセルホテル様での事例)
  • 火災報知器動作時の音声通報
  • など

個別で開発を続けてきた経験を生かし
IoTプラットフォームの仕組み化を実現しました。
低価格で安定したサービスをさまざまな場面でご提供します。

IoTプラットフォーム「Sublow」
サイトの役割

IoTプラットフォーム「Sublow」サイトでは、「Sublow」のサービス内容をお届けするだけではなく、

  • IoTプラットフォームとはなんなのか
  • IoTプラットフォームの活用事例
  • IoTプラットフォームに関する時事ネタ
など、IoTプラットフォーム導入を検討する際、具体的に役立てられる情報をお届けします。

また、IoTやIoTプラットフォームをより身近に感じていただくために、IoTプラットフォーム「Sublow」が準備している新サービスの開発模様もお知らせしていきます。
IoTシステムは複雑に感じられるものかもしれませんが、このサイトから発信する情報をもとに、IoTやIoTプラットフォームを活用した豊かで便利な生活を、ぜひ、自由にイメージしてみてください。

Sublowリブーターへのお問い合わせはこちらからどうぞ

その他のニュース